出演される民謡アーティストをご紹介いたします。SunSeaN.株式会社では、随時出演者も募集中です。

民謡アーティスト情報

  1. トップページ
  2. 民謡アーティスト情報

→ アーティストへのお仕事のご依頼はこちら

ARTIST 出演者のご案内

アーティスト派遣 受付中!

Show & Restaurant SunSeaN -三線- 出演アーティスト一覧

我如古 より子

名前
我如古 より子
プロフィール
沖縄県うるま市出身、故「我如古盛栄」の次女で幼少の頃にステージデビューをする。
そのやわらかで透き通った歌声から「沖縄の歌姫」と称される。
唄に歌詞を乗せ、気持ちも乗せる、感情の入った唄が長い間ファンの方々を魅了している。
日本国内外のトップアーティストとの共演実績も多数。
坂本龍一氏のワールドツアー出演「NEOGEO」「BEAUTY」。
ザ・チーフタンズ(アイルランド民謡)共演(沖縄:東京)
LSD(フランス、ロックグループ)パリにて共演
代表曲は「娘ジントーヨー」「女工節」「心の詩~愛するのが下手だから~」
井上鑑氏プロデュースアルバム『恋ぬ花』
宮沢和史氏 作詞作曲「あの海へ帰りたい」
世界的ギタリストの吉川忠英氏プロデュースアルバム『唄遊び』『唄遊びⅡ』

現在、那覇市の沖縄芸能エンタメ施設『Show & Restaurant SunSeaN -三線-』と、併設する姉妹店『民謡ステージ歌姫』2店舗のオーナー。
店舗への出演を中心に県内外、海外のイベント出演やライブ活動も精力的に行っている。

島みずき

名前
島 みずき HP島みずき Facebook
プロフィール
沖縄県伊是名島出身。
女性として、母としての視点で人々の愛情や故郷への想いをポジティブに歌い上げる。
近年は全国各地のイベント・まつりなどにも数多く呼ばれるほど、聴く者の心を揺さぶる激しくも楽しいライブパフォーマンスで人気急上昇中!
 近年は関東・関西圏をはじめ各地で複数のビッグイベント出演が続く。
2003年ごろより島唄ポップユニットで音楽活動を開始。
2014年1月、ソロ活動を開始。
イベントの司会、ラジオパーソナリティなど精力的にマルチな活動を展開しつつ「民謡~島唄ポップス」を基礎に、ひと味違ったオリジナル曲を従えてのライブ活動を開始する。
2014年4月音楽プロデューサーDJ SASA氏とRYUKYUDISKO廣山哲史氏のユニット「沖縄テクノレゲエ」(テイチクレコード)のメインヴォーカルを5曲つとめる。
自身で作詞・作曲を手がけた楽曲を携え、沖縄県内の観光客向けイベント、ライブハウス、インストアライブなどでの活動の他、東京・名古屋・大阪など県外にも積極的に進出し、新境地を開拓中。
2015年2月、満を持してソロ活動初のオリジナルCD「果てなき夢をこの海に」を発表。
2016年5月、島みずき本人書き下ろしの初の全曲オリジナルミニアルバムCD「ミズキマミレ」発売が決定。

玉城 沙羅

名前
玉城 沙羅
プロフィール
小学生の頃からピアノ教室や吹奏楽部など、身近に音楽のある環境で育つ。
高校生の時に椎名林檎に影響を受けコピーバンドを結成、卒業までの2年間、 主に那覇市内のライブハウスでの演奏やバンドコンテストへの出場(九州予選出場)など活動を行なう。
高校3年の時、現代版組踊チーム「那覇青少年舞台プログラム」にバンドボーカルとして参加。音楽活動を目指すキッカケとなる。
高校卒業後、2013年より現代版組踊の舞台公演にボーカル・コーラス・三線・キーボードなどバンド演奏で出演(2017年現在まで継続)。
公演のほか、万国津梁館やその他リゾートホテルなどでのイベントにも多数出演。

平良 こずえ

名前
平良 こずえ HP平良 こずえ Facebook
プロフィール
沖縄県うるま市出身。
幼いころから琉球舞踊を学び、数々の宴会や余興などで、多くの舞台経験を積む。
高校在学中に独学で三線をはじめ、2000年に沖縄ポップスユニットのメインボーカルとしてデビュー。
 沖縄ポップスに、琉球舞踊をアレンジして取り入れ、新しいユニットとして活動し、反響を呼ぶ。
 ライブでは、本人・三線・島太鼓の三名スタイルを基本とし、フルバンドスタイル、琉球舞踊スタイル、エイサースタイルなど、さまざまなジャンルを取り入れた独特のパフォーマンスを行い、老若男女問わずに楽しめるエンターテイメント色の濃いライブスタイルを確立している。
2005年に沖縄ポップスユニットを卒業。以降、県内のイベントやライブハウスを中心に活動を展開。
2009年から不定期にワンマンライブを開催。 2010年11月から自身の活動とは別に、うるま市に活動拠点を置く<龍神伝説><宮里加代子流部研究所>の2団体と結成したユニット<琉球歌舞団 紅華風-KAFU->のメインボーカルとしても活動中。
2011年5月にソロとなって初のミニアルバム『輝く世界』をリリース。
2014年7月、作曲家の森正明(代表曲『また君に恋してる』他、多数)全面プロデュースによる『また君に恋してる~ウチナーグチバージョン~』をリリース。
2015年、ソロ活動10周年を迎え、6月7日に2ndアルバム『サーユイサモーレ!』をリリース。

東風平 高根

名前
東風平 高根 HP
プロフィール
沖縄県那覇市首里出身。
2004年『想い唄~ウムイウタ』で男女ユニット「東風」としてクラウンレコー ドよりメジャデビュー。
年間の東風の活動を経て、2009年よりソロ活動開始。
株式会社 東風平高根事務所代表
作詞家 作曲家 シンガーソングライター
「沖縄&音楽 Okinawa&Music」主宰
一人娘の父でもある

Eisa- Crew CROWN

名前
Eisa- Crew CROWN
プロフィール
沖縄創作エイサーの団体の中でも屈指の実力を誇るエイサーチーム。
毎年行われる『太鼓フェスティバル in ナハ 創作エイサーコンテスト』において、史上初の3年連続グランプリを受賞。
沖縄県産品の代表格「オリオンビール」のCMにも出演を果たす。
『世界エイサー大会』では準グランプリを受賞。
その実力をもってして、県内外、海外でも精力的に公演を行う。

宮里加代子琉舞研究所

名前
琉球舞姫 -華-HANA
プロフィール
大琉球まつり王国や世界のウチナーンチュ大会、南米慰問公演など、沖縄ビッグイベントや海外公演を精力的に行ってきた玉城流華代乃会・宮里加代子琉舞研究所のメンバーで結成された新ユニット。
Okinawa Entertainment Restaurant 姫 -Hime- の琉球舞踊のステージを統括しつつ、県内外、海外と活動の幅を広げている。 玉城流華代乃会・宮里加代子琉舞研究所の会主宮里加代子氏は沖縄県文化協会奨励賞を受賞するなど、沖縄民謡界の歌姫・我如古より子とともに、沖縄の伝統文化・芸能の保存と継承に長年精力的に活動してきた琉球舞踊界では言わずと知れた重鎮である。

大城クラウディア

名前
大城クラウディア 大城クラウディア Facebook
プロフィール
アルゼンチンで生まれ育った日系二世。現在、東京を拠点に活動中。
ポップス、沖縄民謡、日本歌謡、ラテン、南米音楽などの多彩な自身の音楽的ルーツをミックスし自己表現する唯一無二のシンガー。
アルバムはこれまでに「Claudia」「月下美人」 「恋しアルゼンチン」「いちばん桜~サキホコル~」を発表。
2011年よりオリオンビール『いちばん桜』のCMに3年連続出演等、沖縄県内でのCMタイアップも多数。
2014年12月、初のベストアルバム『C』をリリース。

宜保和也(ボギー)

名前
宜保和也(ボギー) HP宜保和也(ボギー) Facebook
プロフィール
沖縄本島那覇の街より南西に約400km、「唄の島」と呼ばれる石垣島に生まれる。 祖母から受け継いだ沖縄の伝統楽器「三線(さんしん)」を幼い頃から習い始め、2007年沖縄県立芸術大学音楽学部「琉球古典音楽三線部門」を卒業。その後。プロの三線奏者として古典音楽の舞台のみならず、民謡ショー、島唄ライブ等、県内外で演奏活動を開始。音楽制作においては、2008年に沖縄音楽のクリエイターの登竜門、ラジオ沖縄主催「新唄(みーうた)大賞」にて作曲賞受賞、2009年には同コンテストにて奨励賞を受賞。その他、ミュージシャンへの楽曲提供やプロデュースを数多く手がける。近年では、活動の場所を国内外に広げ、2011年9月にはアメリカNewYorkのジャズの本場「Blue Note」にて三線ライブを行う。2014年3月、世界的オーディション番組「XFACTOR」の日本版、「X FACTOR OKINAWA JAPAN」において準優勝を果たす。

打族(和太鼓)

名前
打族(和太鼓)
プロフィール
プロフィール準備中

民謡ステージ歌姫 出演アーティスト一覧

石川陽子

名前
石川陽子 石川陽子 Facebook
プロフィール
沖縄県 伊平屋島出身。 学生時代を大阪で育ち、沖縄県人会の方々の影響を受け、沖縄の唄、三線に惹かれ、三線を習い始める。 本格的に唄、三線を学びたいと20歳の頃帰沖。 琉球民謡協会師範「大城志津子」氏に師事する。 現在、琉球民謡協会教師の資格を持ち、指導者としても精力的に活動中。 県内外のイベント出演をはじめ、那覇市、宜野湾市の民謡ライブの店へも定期的に出演。

平良真里子

名前
平良真里子
プロフィール
大里村(現:南城市)にて、男気溢れる父と、料理上手でいつも陽気な母との間に、第三子、次女として生まれ、みんなの愛情を一身に受けのびのびとたくましく、そして大きく育つ。 琉球國民謡協会師範城間松安先生に師事。 平成24年度琉球國民謡協会 民謡歌唱賞受賞。 平成25年度琉球國民謡協会 教師免許取得。

宮じゅんこ

名前
宮じゅんこ
プロフィール
うるま市(旧具志川市)出身。2003年琉球民謡協会より最高賞受賞。 2012年11月より民謡ステージ歌姫に出演。

又吉佑依

名前
又吉佑依 HP
プロフィール
沖縄県浦添市出身。
学べば学ぶほど奥深い、沖縄の唄・三線に魅力を感じ、「音楽で笑顔になれるひととき」をお届けするために、 県内外でライブ活動中。
学生時代に中国・台湾を訪れ、沖縄音楽と現地の音楽との交流を通した感動体験をきっかけに、スペースチャイナ外語学院にて中国語の基礎を学ぶ。沖縄の唄・三線の魅力をアジア圏から世界を視野に伝えたいと、ライブでは「花」・「てぃんさぐぬ花」を中国語で歌い始める。2016年~オキナワンサルサバンドKACHIMBA1551へ加入。Vocal・Dance担当としての活動の幅も広げる。

◆CM そば屋の【鶴小】。
◆ラジオ出演・ぎのわんシティ FM
 毎週(月)14時~15時(FM81.8MHz)
 「又吉佑(ゆ)衣(い)の幸せをありがとう!」 放送中♪

知名友子

名前
知名友子
プロフィール
糸満市出身。2013年3月より民謡ステージ歌姫のホールスタッフとして働きながら、三板や太鼓から勉強し、現在は我如古より子率いる「華美ら」としても活動している。

照屋美奈子

名前
照屋美奈子
プロフィール
沖縄市生まれ沖縄市育ち。 小学生の頃から琉球舞踊を習い始め、平成24年には琉球舞踊の最高賞を受賞。 現在は幼い頃から好きだった民謡を学びたいと思い姫で勉強中。

中村輝雄

名前
中村輝雄
プロフィール
沖縄県うるま市「津堅島」出身。 幼少の頃から三線を弾き始め、沖縄民謡歌手を目指し沖縄本島に出る。 20代の頃には沖縄芝居や琉球舞踊の地謡を務め、民謡酒場などにも出演する。 40代には「琉球民謡協会、師範」を授与。 演奏活動の傍ら創作活動も精力的に行う。代表曲は「海洋博は招くよ」など。 ラジオ沖縄主催『第1回新唄大賞』「作曲賞」受賞。※受賞曲「親子星(うやくぶし)」 現在、「沖縄民謡中村琉育成会」家元。 ※「中村琉育成会工工四」発行

アラカチ (新垣良実)

名前
アラカチ (新垣良実)
プロフィール
昭和39年5月21日生まれ。 34歳の時に神谷幸一に師事し平成15年・17年に新唄大賞受賞。 平成22年、父新垣則夫との親子リサイタルをする。 翌年23年に琉球國民謡協会から教師免許を取得。 現在、沖縄市・姫にて勤務。

新垣慶一郎

名前
新垣慶一郎
プロフィール
沖縄県読谷村生まれ。5歳の頃に三線に初めて触れ、8歳頃から小学校のクラブ活動で三線を弾き始める。野村流古典音楽のコンクールで新人賞・優秀賞・最高賞を受賞したほか、読谷村の唄者・山内昌春から民謡を学ぶ。現在は県内外でライブ活動を行う傍ら、読谷村や三重県などで三線の指導も行っている。

室井恒慈郎

名前
室井恒慈郎
プロフィール
神奈川県海老名市出身。大学進学時に沖縄に移住し、サークルで三線と出会う。 琉球古典音楽野村流保存会師範城間盛久に師事。大学卒業後の2007年より歌姫にて出演。2009年最高賞受賞。2010年教師免許取得。 現在は県内外の舞台・余興・ボランティア活動への参加・出演をこなす。

幸地和秋

名前
幸地和秋 幸地和秋 Facebook
プロフィール
久米島出身で平成21年に津波恒英に弟子入り。その後、沖縄民謡保存会で新人賞、優秀賞、最高賞を受賞。梅の香り大会ではグランプリ受賞。 平成26年には教師免許も取得し、沖縄タイムス社の専任補助講師も務める。またシンガポールや中国など、海外にも活動の場を広げる。 さらに、4人組男性グループ「シーメンズ」としての活動やFMニライ『幸地和秋と民謡を考えよう!』の番組パーソナリティも務めるなど精力的に活動中。

室井恒慈郎

名前
永坂シュンタ
プロフィール
プロフィール準備中

協力民謡アーティスト一覧

仲里美穂(miho)

名前
miho(仲里美穂)
プロフィール
沖縄県那覇市出身。本名仲里美穂。高校時代よりコーラスグループ、バンド活動 を始め、県内各地でのライブ、イベントをこなす。
2013年より精力的に全国ライブツアー、県外各地イベント等に出演する等、幅を広める。
これまでの音楽活動を経て生まれ島の音楽を改めて見つめ直し、沖縄音楽から洋楽カバーまで幅広くチャンプルー文化な音楽を目指し活動中!

遠藤憲悟

名前
遠藤憲悟
プロフィール
福島県出身。琉球大学進学を期に三線と出会い、琉球古典音楽から沖縄民謡と広く学ぶ。学生時代には、我如古より子がオーナーを務める民謡ステージ歌姫に2年間所属し、現在は関東近辺での音楽活動を続ける。

→ アーティストへのお仕事のご依頼はこちら